南アルプス北岳登山口「広河原」一週間テント泊研修+フライフィッシング(2017まさレポート)

 

 

毎年恒例マツヤマ・デザインの社員研修を7/5~7/11の日程で今年も開催させて頂きました。

大きな愛でいつもサポートしてくれる、お客様・先輩方・仲間・家族にホント感謝です。

以下まさレポートご覧下さいませ~

 

——-
2017年マツヤマ・デザインの研修は
南アルプス、北岳登山口「広河原」のテント場での一週間ぶっつづけテント生活。

電話回線も届かない山の中で、強制的に雑多な情報から心身共に切り離してくれる一週間という贅沢。

 

とはいえ絶対的に必要な「衣」「食」「住」+「楽しみ」

生きる為、暮らすために大事な
「衣」「食」「住」+「楽しみ」
をどれだけ山に持ち込むかは個人の裁量とする事で

研修に行く前から皆、悩み、向き合います。
(生ものは腐るし、多すぎる荷物は大変、無駄は削がないとイケナイけど、足りないは切ない…)

 

絶対に必要な物は何か? あったら楽しい物は? あると邪魔な物も…

 

そして研修突入

 

1日が経ち、二日が経ち、三日も経つ頃にはテントを張った一帯が自分達のフィールド(自宅の様な、癒しの場・戻るべき場所)と感じる様になってきます。

 

今回の研修で僕が個人的に興味を持っていたのは
【その後!】

 

五日も六日も経ってくると、一通りのやれる事に慣れ、飽き、暇な時間をもてあまして、のんびりする事にも飽きてくる。

一週間のテント生活。

 

暇にも飽きた頃、どんな感情が産まれるのか。何も産まれないのか…

 

 

面白いモノですね。

やってみるとわかるモノですね。

 

 

普段は活字本をあまり好まない僕ですが、活字の本が楽しい事、楽しい事。

 

普段なれている(否、飽き飽きしてるってのが正しいかな?)

TV・ネット・スマホ、netflixやHulu・youtube・facebook…

リンクを辿って次々と移動、別の物を開いて情報を受け取りに行くメディアとは大きく違う、

 

書籍というメディア。

 

しかも山に持ち込んだ2冊のみ。

 

ザッピングも出来ない環境で正面から向き合うメディア「書籍」

 

普段書籍を手に取る事の少ない僕には、斬新で新しいメディアとの向き合い方の様に感じ、とても楽しく感じる。
「昔からあり続ける書籍というモノ」を「新しいと感じる」という発見。

 

書籍慣れされている方からしたら「何じゃそりゃ」かも知れませんが、
それが今回の僕の発見…

 

さて、そんなおバカな報告は良いとして、今回のレポートとして PV動画を作成してみました。

 

以下youtubeにてご覧頂けますのでど~ぞ~

まさでした!

 

 

南アルプス北岳登山口(広河原) 一週間テント泊研修+フライフィッシング
https://youtu.be/qxsBYe88dCo

 

 

 

キーワード:南アルプス・フライフィッシング・テント泊・広河原山荘・マツヤマ・デザイン・社員研修・PV動画・youtube・野呂川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です