【カナダ旅】34年ぶり、ノーアポで懐かしい人を探し出す

2023年9月24日
【カナダで人探し】
【34年ぶり、手がかり無し】
【写真を持って聞き込み作戦】
【ノーアポで懐かしい人を探し出す】

34年ぶり、16歳の夏以来にカナダのオソヨーズを訪ねるのは、不安があった。
僕が世話になったホストファミリーの両親、ボブとシャローンは亡くなったと知っていた。息子のマークとは連絡は取れない。マークを知っている人はいないか?なんとか街でして聞き込みをして、マークを探すつもりだった。

微かな希望を持っていたのは、ドライバーさん家族だ。(ドライバーさんって苗字ね)
ドライバーさん達は大きなリンゴ農園をやっていて、オソヨーズの湖のほとりで静かな入江のところに家があった。親友のヤスヒロのホストファミリーだったので、僕は何度も一緒にその家族と遊んだ。ドライバーさんのお父さん、小柄なお母さん、同じ歳のステファニー、弟のスコット、妹のキャレン。

農園だから、場所は変わらないはずだ。ただ…、不安があった。Googleマップで見るとあの広かったリンゴ農園はブドウ畑に変わり、美しく静かな入江はヨットハーバーになっていた。場所が違うのか…?

16歳の僕とヤスヒロ、ステファニー、スコット、キャレンのきょうだい。

僕は、カナダに行く前に、何枚かの写真を選び持って来た。
マークやボブ、シャローン、ドライバーさん家族。ステファニーやスコット、キャレンの写真だ。
小さな街だ、人にこの写真を見せて、ドライバーさん家族を知っている人をなんとか探すつもりだった。

街は大きく変わっていた。
ビーバーが巣を作っていた湿地は、美しいホテルになっていた。街はリゾート地に変わっていた。
かつて僕が世話になった家は、改築されて新しい人が住んでいた。近くを歩く人に聞くと、「町役場か博物館で聞くといいよ」と教えてくれた。

町役場に着いた。
なんて説明しよう…?
受付のピンクのポロシャツを着た女性が出てきた。
僕はたどたどしい英語で、34年ぶりにこの街に来たこと。高校生の時にここで一夏を過ごした事。この写真の人たちに会いたい。探している。と言いながら、数枚の写真をカウンターに広げて見てもらった。

部屋に貼っていたみんなの写真。

すると彼女が金髪の笑顔で笑う少女の写真を指差して言った。
「ステファニー」
「え?(僕、写真見せただけで、名前言ってないよ)」
「私はステファニーを知っている。」
「ステファニーを知っているのか?隣はスコットだ、これはキャレンだ!ドライバーさん家族を知っているのか?!」
「私は知っている。ドライバーファミリーだ。ステファニーはここにいる。連絡先を教える。歩いて行くといい」
そう言って、役場の彼女はサブウェイの近くのステファニーがいるとおぼしきアドレスをメモに書いて渡してくれた。

ステファニーがいる?
会える。
どうしよう。突然行って迷惑じゃないだろうか?
僕にとって大切な思い出だけれど、ステファニーは僕のことなんて忘れちゃってるかもしれない。
何せ34年前に、夏の数週間だけ遊んだ、それ以来音沙汰の無い東洋人が突然訪ねるのだ。
覚えていても、冷たくあしらわれるかもしれない。

教えられた住所には、「オソヨーズ トラベル」という旅行会社があった。
おそるおそる入る。中には金髪の女性がいた。
この人がステファニーだろうか?何せ会ったのは16.7歳の時、僕もステファニーも50歳になっている。
「ハイ、何か御用?」
「こんにちは、僕はステファニーを探しています」
「アタシがステファニーよ」
やっぱりステファニーだった。
「ステファニー!!僕だよ、タクヤだ!34年前にヤスヒロと一緒に遊んだ、写真を見てくれ」
「この写真、私も持ってる!」
「会いに来たんだ」

ステファニーが立ち上がる、駆け寄ってハグをした。会えた。覚えていてくれた。目から涙があふれた。2人とも泣いていた。
それからステファニーと色々な話をした。
ボブとシャローンの事、ヤスヒロの事、マークの事、バンクーバーに住んでいるらしい。ブラッドのこと、スコットが消防士になっている事、キャレンはこの街でお母さんと同じ美容師になっていること。ドライバーさん家族の農園は葡萄に作物を変え、お父さんお母さんは引退して引っ越して、眺めのいい湖の近くの家にいる事(昨日泊まったホテルのすぐ近くだった)


ステファニー、素敵な笑顔は17歳のままだ。

「両親にも会いたい?連絡しておこうか?」
答えはもちろんイエスだ。
ステファニーとFacebookで繋がり、マークへの連絡を頼み、ドライバーさんのお父さんとお母さんの家に向かう。

お母さんは家の外まで出て待っていてくれた。
抱き合う、お母さんが僕の首にキスしてくれる。泣いている。家に上がってお父さんと握手してがっしりハグをする。

2人は引退して、素敵な家でゆっくり暮らしていた。

テーブルの上に、アルバムがある。ステファニーから連絡を受けて、出してくれたのだろう。
お父さんが言った。「あの夏は楽しかった。初めて外国から子供を受け入れた。私たちや私達の子供にとって、特別な体験だったんだ。」

アルバムを開くと、あの夏の僕達がいた。
僕が大切に想っていたあの夏を
この人達も大切に想っていてくれた。


同じ写真を大切に持っていてくれた。それだけで涙が出てきた。
不安だった。
会えないかもしれない。会えても向こうはどう思うだろう?
そのまま放置して、良い思い出としておけば良いのかもしれない。
でも、一生、心にひきづって、気にしながら生きるのは嫌だった。
また会おう、と約束して別れたままは嫌だった。
でも、こうして会えた。
もう一度会えた。
同じ気持ちで会えた。
忘れて無かった。
勇気を出して、カナダをもう一度訪ねて探して良かった。

次はマークと繋がって、ボブとシャローンに花を届けに行こう。
ドライバーさんが言った。「次は娘を連れておいで」それもいいなと思う。

嬉しいなぁ。お土産に持って来た手拭いをプレゼントしたよ。

#カナダ旅

【カナダ旅】カナダに到着

2023年09月22日

バンクーバーに着いた。税関を出て荷物を拾い、レンタカーを借りる。レンタカー屋がどこにあるかだけでもドキドキする。なんせ34年ぶりのバンクーバーだからほぼ記憶なんて無い。

クルマを借りる。マツダのクルマだ。
今から400km走る。クルマは左ハンドル、車線は右側通行。信号は赤でもクルマが来てなければ右折は行っていい。アタマに唱えながらハンドルを握るのだ。

34年前、僕は16歳で初めて海外に行った。カナダだった。
ひと夏ホームステイしてカタコトの英語で友達を作り、一緒に旅した日本人の友人が出来た。あれから36年ぶりにカナダに来た。

滞在中、ホームステイしていたオソヨーズの街を訪ねるつもりだ。
もう、世話になったホストファミリーの両親は無くなっている。一人息子とは連絡が途絶えて30年経つ。

バンクーバー国際空港から400キロ、高校生だった僕がバスに乗せられて訪ねた道のりを、レンタカーで5時間運転してやってきた。街はずいぶん変わっている。到着したのは夜、モーテルに泊まる。夜遅いのでリカーショップが閉まっていて今夜は酒が飲めない。スーパーで食料と水を買ってささやかな食事をとって寝る。

明日は34年前のオソヨーズのおぼろげな記憶を辿って訪ねてみようと思う。
午後から世界大会の会場のカムループスに向かう。

#カナダ旅

【おすすめアウトドアギア】靴の話

2023年8月10日

僕は靴にはこだわりがある。

1、完全防水のゴアテックスである事。
2、仕事で週に半分くらいは、アスファルトではない、土の上や野原、岩や石や川を歩くので、ある程度の山歩きが出来ること。
3、撮影などで、外から部屋にサササと上がったり降りたりもするので、脱ぎ履きがしやすいこと。
4、足に汗をかきやすいので、絶対蒸れない靴がいいこと。(必須)
5、本気の登山の時には登山靴を履くけど、数時間くらいのトレッキングや下見などで山や城を歩くに適した、アウトドア用の滑りにくく歩きやすい靴であること。
6、そのまま打合せなどにも行くから「あの人めっちゃゴツい靴履いてるな」と浮かないこと。

上げてみたら6個もあった。
そうすると、おのずと靴は限られてくる。

トレッキングシューズというより、ローカットの「トレランシューズ」のジャンルが良いと気づいて、かれこれ15年くらいトレランシューズを履いている。仕事の日も休みの日もだから365日である。

延々と色々買って試して履いて、6個のこだわりを完璧にクリアし、結局落ち着いたのは「サロモン」というブランドのトレランシューズでした。

トレランとは、トレイル(山道)ランニング(走る)の略で、登山する道をマラソンみたいに走って行くアレです。つまり超軽量の登山靴みたいなものです。それを毎日履いてるわけです。めちゃくちゃ快適です。

先日、ボロボロになって水漏れするようになった靴箱にあったトレランシューズを全て捨てて、1番しっかりしていたのを一つだけ残しました。

そして、今日新しいものがAmazonから届きました。

右が今まで、左が今日届いた新しいコ。
横に並べてみると、本当にくたびれていのがわかる。今まで本当にありがとうとお礼を言って靴を捨てました。

普段履きの靴を探している人には薦めたい。サロモンのトレランシューズです。
普段の生活、運転はもちろん、お買い物、散歩、そして山歩き、例えば、みんなが知ってるくらいの場所で言うと、粟ヶ岳登山とか獅子ヶ鼻トレッキングとか高天神城登るとか、そのあたりなら全然これでサクサク行けます。
Amazonで安くなってたから、ちょっと歩きしたい方、足が汗で蒸れるとイヤな人にはオススメです。

サロモンのトレランシューズのお話しでした。

これ、同じ靴なのか?ってくらい履き潰している。
でも草むらとか山とか歩き回っているから無理もないのである。

Amazonの星(右上の数字)の評価の数がすごい。7000ある。
見ると英語のコメントも多い。世界的に売れているのであろう。納得である。

サイズによって40%オフである。
僕はこの靴は良いから定価でも買う。40%オフなら迷わず買う。

アレコレ見てて、出てきたゴアテックスのスニーカー、当然サロモンのだと勘違いして「なにコレ?めちゃ安いじゃん!」と思って買った。
そしたらサロモンじゃなくてアディダスだった。履いてみたらやっぱりサロモンの方がいい!(足がすっぽり入っちゃって蒸れやすい…)

ゴアテックスでこの価格は魅力的ではある(サロモンだと思って買った人が言うな(笑))
しかし、条件4の「蒸れない」がまずダメでした。
ゴアテックスだろうが形状が足を包み込んで蒸れやすい…。リピートは無さそうである。

#サロモン

 

【アウトドアの学校 特別プチ講座】ベースレイヤー編

2023年7月11日

今日の午前中に開催しました。僕のイメージでは数名でお菓子食べながら講座やったら楽しそうよねぇ…とのんびり考えていたんだけど、蓋を開けてみたら受講生8名とスタッフ役のトマト部のみんな7.8名の合計16人くらいでけっこう人数多め(テーブルいっぱい出した)にぎやかな講座になりました。

赤やら青やら緑やら色々な服を広げて、受講生に全部触ってもらう。素材の違いと使い方を教えて行きます。

そもそもベースレイヤーってなんなの?って基本的な質問、分かる分かるよー(笑)から、ほんじゃなんでアウトドアの基本なのか?って事、そもそもアウトドアって「概念」ってなんなのか?知ってるようで聞かれたら答えにくい事を基本のキからのんびりお話させて頂きました。

考え方、概念を理解した後は「機能」を「体感」してみよう♪と「実験」です。どんだけ渇きやすいか?霧吹きでビシャビシャに濡らした数種類の衣類と、バケツにドブ漬けして絞っただけの2種のシャツを講義中に干して1時間でどれだけ乾くか?を比べてみました。実験って面白い。

手のひらで、肌で結果を「体感」すると、本で読んだだけ、ネットで見ただけ、とは違う身体で体感した実感が大切だと僕は思います。
自分の身体で、ホントの自然の中で「体感」するのがアウトドアだから、こういう講義がオモシロイんじゃないかな?と思うのです。モンベル、パタゴニア、ノースフェイス、色々なアウトドアのブランドの衣類をみんなで触りながらの講座でした。
やっぱり、ナンチャッテで分かったフリしてなんとなく買った服で遊ぶより、キッチリ体感して、納得して分かってお金を使って遊ぶ方が楽しいと思うのです。

連続講座の二日間。
明日はいよいよ「レインウェア講座」です。アウトドアで本当に大切な要素。ベースレイヤーと双璧を成すレインウェア。分かってるようだけどホントに分かってる?というレインウェアの基本や違い。種類とそもそもの分類やカテゴリと使い分けを明日の講座で話そうと思って、今日、僕のレインウェア15枚くらいパタゴニアのブラックホールダッフル55リットルいっぱいに詰め込みました。

自分で言うのもなんだけど明日は面白そうで、アウトドアやる方には役に立つ講座になりそうだと思います。7月から始まるアウトドアの学校 農業部の紹介もします。

明日も9:30からワークピア磐田。
参加予定は(たぶん)5名くらい?10人くらいいるのかしら?参加人数、正確に分かって無いくらいのゆるいプチ講座だから、エントリーフォームとか作って無いのです(笑)。

会場は学校の教室くらいある30人くらい入れる部屋なので、アウトドアを初めてみたい…、どんな服を買えばいいのかしら?と興味があって、お時間ある方はご参加下さい。

今日のベースレイヤー講座に参加してくれた受講生の皆さん、ありがとうございました。
分かりやすかったかな?少しでもみんなの気づきや、新しい世界のキッカケになれたら僕は嬉しく思います。良かったら感想をコメント下さい♪また会いましょう♪

スタッフをやってくれた仲間のみんな、おかげで楽しい時間を過ごせました、ありがとうね。明日も楽しく講座をやろうと思います。

アウトドアの学校 特別講座 プチ講座「レインウェア編」
・7月12日水曜日9:30〜12:00
・ワークピア磐田
・受講代金500円

#アウトドアの学校

 

実際に現物を広げて説明していく、僕の講座はこーゆースタイルです。

水のたっぷり入ったバケツに漬けちゃう!

霧吹きでエイエイ水をかけちゃう!どーなるんだろ?ワクワクするよねー!明日のレインウェア講座もビシャビシャにするぞぅ♪

濡れたら干す!!2時間半の講座の中で服を干すのだ!

どんだけ乾いたか?みんなで触ってみる!
クチで言うより触って確かめる♪体感するのが1番です。こーゆーの身体で分かってる人が1番強い!なかなか居ないのです。

講座を終わってからロビーで雑談、いろんな話。文化や世界的な民度の違いとか旅や遊びの成熟度の話とかベースレイヤーから話は色々繋がっていきます。

キャンプで疲れたので、心と身体を癒すキャンプに行く

2023年6月25日
最近キャンプやアウトドア旅が続いて、疲れが溜まっていたので、心と身体を癒すキャンプに行って来ました。(なに言ってるか分からない方、安心して下さい、僕も分からないです)。

タープとテントを張って、何もしない。
テントの中でゆっくり寝ました。

心地よい風の中、昼寝を3時間。
夜はカレーを食べて9時就寝。
たくさん寝た、気持ちいいキャンプでした。

今回の相棒はスベア。シンプルで良いストーブです。何より美しい。

綺麗な緑と美しく張られたタープ。他に何も要りません。

男の料理はこんなもの。意気込んだ料理は今回のキャンプには不要です。死ぬほど美味いカレーです。

コロコロ寝返りもうてるテントにマットと毛布を敷いて、最高の寝室の中で最高の睡眠をむさぼりました。昼も、夜も、たくさん寝ました。

#Japanese camp
#japanese
#japan
#japantravel

【朝霧高原 英知の杜キャンプ場】撮影した写真をポスターにします

2023年6月23日

新緑の中で撮影した写真をセレクトしました。
暑くなるこれからの季節。
夏の混み入ったキャンプ場は好きじゃない。
美しい木陰の中でキャンプをしたい。

「朝霧高原 英知の杜キャンプ場」
https://www.bt-r.jp/aec/

贅沢なサイトの区切りで、隣のキャンプ地と離れてのんびり過ごせます。

なんというか、緑が綺麗な森の中なのです。夏のキャンプ地は木陰。日差しを遮るものが無い場所でキャンプするのはトーシローです。

のんびり、何もしないキャンプ。
それが本当の贅沢だと思う。

森の中、キャンプ地へと続く道。

バーナーに火を付けて
なんか焼いて、ビールでも飲むか…
素敵な時間が流れます。