image

掛川市指定文化財 松ヶ岡 旧山﨑家住宅

日本で初めて「教養」という言葉が使われた、
掛川藩の藩校では、武士の子だけでなく、
商人・農民の子も学ぶことができた。
理由は商人である山﨑家が
その藩校を作った立役者だったから…。
その藩校の名が「教養館」。
自分の人生を豊かにする、
その為に学び、教養を高める。
教養を高める、その高い市民の意識は
松ヶ岡の主、山﨑家の願いだったのかもしれない。

「松ヶ岡」旧山﨑家住宅
「学ぶ」楽しみを「学ぶ」豊かさを学ぶ場所。
掛川藩御用商人であった山﨑家の屋敷は、たくさんの松が繁りまるで岡のように見えることから 「松ヶ岡」と呼ばれました。 松ヶ岡の歴史と物語をご紹介します。
「訪れる」ページを見る
江戸時代末期の屋敷構えを残し、 歴史的価値が高い「松ヶ岡」。 その住宅と屋敷地、そして「山﨑家」について詳細にご説明します。
「知る」ページを見る
歴史ある「松ヶ岡」を守り、後世に伝えるための プロジェクト、そして寄付のお願いです。
「守る」ページを見る
「松ヶ岡」では、撮影スタジオとしてのご利用を 受け付けています。 利用方法や申請方法をご説明します。
「利用する」ページを見る
掛川指定文化財 松ヶ岡
掛川市指定文化財 松ヶ岡 旧山﨑家住宅
〒436-0024 静岡県掛川市南西郷838
Copyright (c) MATSUGAOKA PROJECT. All Rights Reserved.
TOPページ
訪れる
知る
守る
利用する
問い合わせ
ブログ