沼津アルプス 登山 トレッキング 香貫山 ハイキング三島 沼津港海鮮丼 ブログ

沼津アルプス(香貫山)~沼津港

 

ジーハイブ外のメンテナンスエリアで日程の確認とブリーフィング。

ブリーフィングという言葉初めて知りました。簡単な打合せ、事前説明という意味だそうです。

ミーティングとは、また違うんだ…!?

ガイドの鈴木さんが地図を広げて「今日はここからここまで歩きます」と説明をしてくれました。

でも私は買ったばかりのトレッキングシューズが気になって、ほとんど耳には入ってきませんでした。

幼稚園の頃、長靴を買ってもらったあの日、雨が待ち遠しく感じたのと同じ気分です。心ここにあらず(笑)

 

Hotel Gee Haiveを出発し徒歩5分で三島駅に到着。

JR三島駅からバスに乗ります。

停留所でバスを待っているお隣の男性に、バスの女性運転手さんが「おはようー!」と声をかけていました。

毎朝会うからこうやって挨拶ができるのかな…と二人の関係を想像してみました。

挨拶のおかげで、それを聞いていた私も気分が和み三島ってなんかいいな、なんて思いました。

 

アクティビティツアー二日目ということもあって、みんなとまんべんなく会話ができるようになりました。

今日は天気の話題だけでなく、昨日のサイクリングのこと、夜の過ごしかた、お昼に何を食べようか、そんな話題で盛り上がりました。

松山さんがカメラを向けるとみんなが自然にきゅっと集まるので物理的にも心理的にも

お互いの距離がぐっと近づく。カメラのパワーってすごい!

 

「まずはあそこに見える五重塔まで行きます!」と言う鈴木さんの指先を見ると米粒くらいのサイズの五重塔に不安になりました。

普段ウォーキングなんてしていないし、最近そんな長い距離歩いてないよ…って。

 

ここから登ります!

 

山登りに自信の無い順に並んでいます。一番前!

 

木に覆われ薄暗く、空気はひんやりしていました。

 

前日の雨で湿った地面、歩き慣れないところを歩きます。

 

途中、葉っぱや花のにおいを嗅いで、鼻で自然を感じました。この花は「テイカカズラ」

 

「はーい!この箱のようなものは何ですか?」「何でしょうね~」なんて会話をしたり、

“山”と書かれた標識を見て「ざっくりな表現だよね~」なんて言ったら、

“山頂”と書かれてるのを発見して「僕なら山と頂の間をもっと詰めるけどな~」なんて会話が聞こえてきたり、

面白いね!ってみんなでケラケラ笑いました。

一緒に何かを見て、一緒に何かを感じるって楽しい!ハイキングの魅力ですね。

 

「気をつけていってらっしゃい」とおじいちゃん。

 

米粒だった五重塔がどーんと目の前に。意外に楽々と山を登ってきました。

 

一人だったら絶対に歩けない

 

山頂までまだまだ先!でも笑顔!足の疲労無し!余裕です!

 

夫婦岩。「どこら辺が夫婦なんだろうね?」と列の後ろから聞こえてきました。

 

 

香貫山に登る前、「歩いていると暑くなるからレインウエアを脱いだ方がいいよ」と教えてもらい、

半袖のTシャツに薄い長そでパーカーを羽織っていました。

 

香貫山の展望台に着いた時は、山の気温差なのか?風が直接当たるからなのか?風が冷たく寒かったです。

レインウエアを着ようか迷いましたが…ザックから出すのがめんどくさいという理由で着ませんでした。

我慢できる寒さです。

 

香貫山の山頂に着きました。

展望台で景色を見たときは「自分の足でここまで来たんだ!」と感動し誇らしい気持ちになりました。

香貫山の山頂に着いた時より、展望台で景色を見た時の方が感動…(笑)

山頂で“ピーク(山頂)”と“峠”の違いを教えてもらいました。

山のテッペン=峠だと思っていました。

帰ったら子供たちに教えてあげよう!とおみやげひとつGET。

 

ガイドの鈴木さんに静岡県の鳥『サンコウチョウ』という鳥を教えてもらいました。

J1ジュビロ磐田のマスコットキャラクターの鳥だそうです。

静岡県の鳥、ジュビロ磐田のマスコットキャラクターと聞いただけで

一瞬にして愛着がわきました。ミーハーだなぁ。

「月日星(ツキヒホシ)ほいほいほい」と鳴きます。すぐ近くで鳴いていました。

知らないことを知るっておもしろい!

 

下山途中、この頃には少し息が切れてきました。

「少し前にここを通った人、派手に滑ったなぁ…」と感じる靴の跡があり、

気をつけながらぬかるんだところを歩いたので、足が辛かったです。

この頃霧雨が降ってきたので、レインウェアを着ました。

 

鈴木さんに教えてもらった木の実の名前は、聞いた時は頭に入っていたのですが、

しばらく歩くと忘れていました(笑)

 

香貫山を下りて沼津港へ向かう道中、霧雨が小雨になりました。

いつもなら雨の中、傘をさして歩くのも、車を運転するのも嫌いな私が、不思議と雨を楽しんでいました。

小学校のころ友達と一緒に、雨のなか傘をささずに濡れて歩いたこと、

上を向き口を開けて雨をなめていたこと、水たまりに入り長靴に水を入れて歩いたこと、

雨の日をとことん楽しんでいたことを思い出しました。

その当時と同じくらい、雨の中を歩くのが新鮮で楽しかったです。

足が疲れたとか、お腹がすいたということは忘れていました。

 

ここで初めて渡瀬さんとゆっくりお話しをする機会ができました。

待ってました、コンプリート!これでツアー参加者全員とお話しをすることができました。

渡瀬さんと、お仕事の話しをしたり、住んでいる町の話しをしました。

共通の知人がいて驚き、世間の狭さを感しました。

車で勢いよく進むのいいけれど、周りの景色を見ながらゆっくり歩く方のも楽しいことに気付かせてもらったハイキングです。

 

 

 

沼津港に着き、集合時間を決め各自バラバラに行動しました。

私は、松山さん、鈴木さん、渡瀬さん、亀ちゃんと行動です。

漁港の中にあるお寿司屋さんで海鮮丼(駿河丼)を食べました。偶然5人全員駿河丼!

 

海鮮丼は美味しいだけでなく、とても楽しかったです。

「桜エビのひげがね…、オペレーションがね…」とても楽しかった会話の内容は5人の心の中にしまっておきます。

海鮮丼は完食できなかったのに、その後食べたソフトクリームは完食でした。

 

沼津港から沼津駅まで歩きました。

沼津港に着いた時は足の痛みには気付かなかったのですがお昼を食べ、

さぁ出発という時には足がパンパンで、右足に痛みを感じていました。

ただ、まわりで「もう無理!しんどい!」と言っている人がいなかったのでなんとか気力で歩きました。正直きつかったです!

足が棒になるってこのことか!!!

沼津駅のホームのベンチに座って電車を待ちましたが、電車が来てもすぐに立ち上がれないほどでした。

 

三島に向かう電車の中で “あ~三島に着いたらこれで終わりなのか” と急に寂しい気持ちになりました。

楽しい時間ってあっという間ですね。

三島駅を出たところで、最後に一人ずつ感想を言い、一本締めをして解散しました。

 

※このあと朝いただけなかった御朱印をいただきに一人で三嶋大社へ向かいました。

田尻さんに「またいつかお会いしたいですね!」と伝えると「またすぐお会いしそうな気がします(笑)」との返事が返ってきました。

『うん、きっとまた会える…』最後にそう思って私のアクティビティツアーは終わりました。

※右足の痛みは3日間続きました。Σ(゚д゚lll)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です