静岡県三島ホテル ジーハイブ Hotel Gee Haiveとは何か?どんなホテルか?

今回三島に泊ったのは、「ホテルジーハイブ」。三島駅から徒歩5分、白い外壁と明るいオレンジ色が印象的なホテルです。

リニューアルされたばかりで清潔なホテル。一階のフロントの奥にラウンジがあり、そこでは宿泊者の方たちが朝食をとっていました。

 

「パンが美味しくて3つも食べちゃった!」という会話が聞こえました。ビュッフェコーナーをチラッと覗いてどんなパンがあるのかを確認しながら、“私だったらクロワッサンを2個食べようかな?”と翌日の朝食をイメージしました。

 

受付を済ませて部屋に入ると、事前に聞いていた通り、テレビの無い部屋でした。

白を基調とした明るい部屋でベット・トイレ・洗面所・小さなテーブルセットと荷物を置くスペースがありました。窓を開けるとふわっと入ってくるやわらかい風と優しい光が気持ち良かったです。

 

「ホテルジーハイブ」は、三島のアウトドアアクティビティツアーの基地になるホテルです。

今回、一泊二日で、三島を中心として、一日目は伊豆の国市や修善寺をサイクリング、二日目は沼津アルプスをトレッキングに出かけるのです。山・川・海…自然がいっぱいの三島、二泊では足りない気分ですけどね!

 

シェア部分は、ラウンジとキッチンとシャワーです。

一番心配したのはシャワーです。“使いたいときに使えるかな?”“すぐ後に男性が待っていたら嫌だな!”なんて共同シャワーにネガティブなイメージを持っていたのですが、シャワールームに入った瞬間ネガティブイメージは払拭されました。

各階に広いシャワールームと扇風機付きの広い脱衣所が3つあります。足ふきマットもその都度交換で常に清潔で綺麗なものを使用できました。

 

部屋にテレビが無いので退屈するかな?と思ったのですが、静かな部屋でじっくり考え事をしたり、ふらっとラウンジに行ったりしました。ラウンジにもテレビはありませんが…。

 

明るく開放的なラウンジはとても居心地が良かったです。

少々人見知りな私は、知らない人に話しかけるって難しいけど、

シェアキッチンやラウンジがあることと、旅でちょっぴり気持ちが高ぶっていることもあって、「こんばんは」「どこかへ行ってきたんですか?」などと自然に挨拶ができ、そこから会話が生まれました。

同じ目的でジーハイブを利用した人と情報交換をしたり、共有できるのは、新鮮でとても魅力的でした。

 

 

ホテルの外で夕食をとり、帰りにホテル徒歩一分のコンビニでお酒とジュースとアイスを購入してラウンジへ直行しました。

普通のビジネスホテルだったら、誰かの部屋に集まって仲間とお喋りしていたかもしれません。でも、初めて会った人の部屋に押し掛けるのは心苦しいし、異性の仲間の部屋に行くのも来るのも現実的に難しいものです。

ジーハイブは、ラウンジがあるおかげでプライベートは確保されて、

仲間ともちょうどいい距離感を保ちながら楽しく過ごすことができました。

 

ホテルに戻ってきた仲間を見つけて「おかえりなさい!」と声をかければ、椅子に座ってとお喋りに加わる人と、「部屋に戻りますね」と部屋に戻る人、それぞれ自由に過ごしました。

 

松山さん、鈴木さん、亀ちゃんとアイスを食べながら一日を振り返り、お互いの仕事の話しをし、将来の夢を語りました。

今日出会った仲間と夢を語るって、とても楽しく贅沢な時間でした。

 

そこで語ったことはずっと忘れないだろうし、不思議と夢が叶うような気がします…。

「お腹いっぱいだからどうですか?」と差し出されたアイス、ピノは話に夢中になっていて、トロトロに溶けていました。一日の最後にケラケラ笑いました。

 

ホテルが新しいのでとてもキレイで清潔に保たれていて気持ち良く利用できました。

 

レンタサイクルを借りたときはスタッフさんが「気をつけて行ってらっしゃいませ~」と笑顔で見送ってくれて、戻った時には「おかえりなさいませ~」と家族を迎えるように迎えてくれました。

まるで自分の家に帰ってきたかのような安心感があり、思わず「ただいま~」と言ってしまいました。

心地よい空間と、あったかい人と、美味しい朝食で心もお腹も満腹です!

 

ジーハイブに宿泊し、アクティビティを体験し、三島観光をし、人と出会い、人と繋がり、人のぬくもりを感じる二日間でした。

出会った仲間、ホテルのスタッフさん、三島の人たち、ありがとう!

私の人生の中で間違いなく価値のある二日間でした。

 

(写真はヤマシタさん夫妻)

 

【ジーハイブに宿泊した感想のまとめ】

三島駅から徒歩5分のHotel Gee Haive。

周辺にある三嶋大社、三島スカイウォークなどの観光地を巡ったり、沼津アルプスでハイキングをしたり、伊豆でサイクリングをすることもできます。

ジーハイブを拠点に観光や、山・川・海の自然の中でアクティビティを体験することができます。

ホテルの部屋には、テレビは無く、ラウンジ、キッチン、シャワールームがシェア部分です。

一番の魅力は何といってもラウンジです。明るく開放的なラウンジは居心地が良く、自然と人が集まり、会話が生まれる場所でした。ラウンジがあることでプライベートは確保でき、仲間とちょうどいい距離感をもつことができます。

人と人とのつながりを感じることのできるホテルです。

 

 

>この時のサイクリングの様子はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です